実費補償型のがん保険、その実態は・・?

-実費補償型の医療保険-

最近、実費補償型の医療保険が増えています。
この保険の特徴は、がん治療にかかった費用をほぼすべて補償してくれるというものです。
想定外に入院費が掛かったりとか手術代がかかったりといった場合に、通常の契約では「頭が出ていた」部分の支払いも行ってくれるので、支払いが家計を圧迫するケースもなくなります。

逆に言えば、実費負担なので支払った金額より、大きな金額が給付されないことになります。
実費補償型の医療保険では、お金を気にせず最善の治療や先進医療が受けられ、かつ費用の掛かる個室にも入れますから、快適な入院生活をおくることができます。

場合によっては、交通費や差額ベッド代などを当てにしていたのに補償がなかったことが後でわかった、といったケースも実費保険型の商品では良くある話です。そういった軽微な費用負担をネックと考える方は、あまりいらっしゃらないかも知れませんが、後悔のない保険選びをしていただくためにはそうした細かい点の理解が大切かもしれませんね。

-実費補償型がん保険の詳細-

実費補償型保険でも、がん診断給付金が受け取れます。そのほか、入院給付金、手術給付金、通院給付金、先進医療給付金、自由診断給付金などの費用に関しても、支払った医療費分の補償がついてきます。

ちなみに自由診断給付金についてはこの補償を付けた場合、通常よりも保険料が高くなるケースもありますので注意しましょう。

実費補償型保険の補償内容は以下の通りです。

・先進医療に含まれない自由診療の場合も補償の対象になる
・退院後の補助療法も補償の対象
・高額な治療(免疫療法など)も補償

未承認の抗がん剤など、1回の治療につき数十万円といった超高額な治療に対しても補償されるという点が魅力です。保険会社の補償内容は様々で、たとえば以下のような内容も補償の対象となる商品もあります。

・健保費用外の食事代を支給
・差額ベッド代を支給
・入退院時の交通費を支給
・ホームヘルパー雇入費用・託児所預入費用
・入院1日につき1千円の雑費支給

以上保険ごとにさまざまな特徴があること、それと入院給付に強いか、通院治療に強いかといった補償の細かな違いがあり、どういったあたりを重視するかをしっかりと判断して商品を選ぶようにしましょう。

メニュー